>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

小室圭さんの悪い噂を検証|本当に小室さんは眞子さまにふさわしくないの?

秋篠宮眞子さまと小室圭さんの婚約報道が流れた時、子供の頃から眞子さまを見守っていた国民からは祝福の声が多く上がっていました。

あの、可愛かった眞子さまが、ついにお嫁さんになるのか…と、感慨深い気持ちになった人もたくさんいたのではないでしょうか。

画像出典『おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』

眞子さまと小室圭さんは破談した方が良い?

婚約報道直後に短い会見を開いた小室圭さんの姿を見て、「なんて爽やかな青年だ、礼儀正しく頭も良く、眞子さまにふさわしい男性だ」と、ほとんどの国民が感じたのです。

小室さんの職業である「パラリーガル」という言葉は初めて聞いたものの、とにかく素晴らしい職業の立派な人なのだろうと、誰もが思っていたはずです。

しかし、2017年末に小室さんの母親の金銭トラブルが報じられてから、徐々に小室圭バッシングが巻き起こり、今では「小室さんは眞子さまにふさわしくない!」「破談にするべきだ!」といった声も聞かれるようになりました。

確かに、週刊誌やワイドショーの報道だけを見ると、なんだか小室さんがろくでなしのような、ひどい印象を受ける事もあります。

しかし、本当にそこまでひどい人なのか?

冷静に考えてみると、そこまで極悪な事はしていないのではないかと感じる部分も多々あるわけです。

もちろん皇族とのご結婚ですから、いい加減なゴロツキと結婚させるわけにはいかないでしょうが、金銭トラブルは母親と元婚約者の問題であり、小室さんがそこまで責められるべきことなのか、いささか疑問を持ちます。

ということで、一般人である小室さんバッシングがあまりに行き過ぎているようにも感じるので、今回は小室さんの悪い噂をまとめて検証して、「小室圭さんってそんなに悪い人間か?」というのを考えてみたいと思います。

画像出典|眞子さま 25年のご足跡 (別冊宝島 2605)

小室圭さんの悪い噂まとめ

小室さん母親の金銭トラブル

小室圭さんの母親の金銭トラブルでは、眞子さまのお父様である秋篠宮様も頭を悩ませていると言われています。

この問題を簡単に言えば、小室母が過去に婚約者から生活費や圭さんの教育費の名目でお金を借りましたが、その後、婚約は相手側からの申し出で破談。

借金は返済しないまま、いまだに返していないという事案です。

ただ、小室母はそれを『借金』とは考えておらず、「あくまでも『支援』として受け取っていたから返す義務はない」と思っていたのだそうです。

しかし元婚約者が、眞子様と圭さんの交際報道がでたあとに週刊誌をはじめとするマスコミに情報を流し、それが原因で小室バッシングが巻き起こりました。

小室母と圭さんは事態を収束させるために元婚約者と交渉を始めているようで、現在は借りた額の一部を返金することで解決に繋げようとしていると言われています。

小室圭さんチャラ男写真

次の悪い噂は小室圭さんがチャラ男のポーズで写真に写っていたものです。2018年11月発売の『週刊文春』に掲載されました。

眞子さまとの交際報道後のスーツ姿しか印象に無い国民にとっては、確かにあの小室さんのチャラ男姿は衝撃ですし、ビックリするのも仕方ありません。

しかし撮影日は2011年12月18日で、眞子様と出会う前なのです。

学生時代、ちょっと羽目を外してバカな写真を撮ってしまう事なんて、誰にでもあるのではないでしょうか。

それが未成年飲酒の写真だったり、違法薬物の使用疑惑があるような写真なら言語道断ですが、チャラ男ぶってはしゃいで写真を撮っているだけ。

それだけで「ダメなヤツだ」と批判するのは、いくらなんでも可哀想な気がします。

宮内庁職員なりすまし疑惑

小室圭さんの宮内庁職員なりすまし疑惑は、2013年6月29日に撮影された小室さんの写真が発端。

写真の中でピースサインをする小室さんですが、空港のような場所で宮内庁バッチのようなものを胸につけていることから、ちょうどその時期に長い欧州旅行から帰国された眞子さまを小室さんが宮内庁職員になりすましてお迎えしたのではないか?あるいは、欧州旅行に同行していたのでは?という疑惑がありました。

これもまた『週刊文春』2019年2月28日号に掲載されています。

事の真相ですが、場所は空港ではなく東京ビックサイト、バッジは宮内庁バッジではなくUCLAのバッジである事が分かり、「東京サマーキャリアフォーラム2013」という就活イベントに参加していた事が分かっています。

コムロコイン詐欺疑惑

コムロコインは、小室圭さんが留学している「フォーダム大学ロースクール友人一同」を名乗る何者かが、仮想通貨コムロコインを作って小室さんを支援すると主張しているものです。

「彼の夢を叶えるために基金で援助したいと考え、コムロコインを設立しました」

コムロコインの仮想通貨サイトでは、このような文言が英語で表記されていますが、真意のほどは不明。

というか、誰がどう見ても新手の詐欺である事は間違いありません。

いずれにしても「小室さんを援助したい」と語りながら小室さんにお金を渡すわけでもないようですから、小室さん自身とは全くの無関係で、彼は被害者であると言えます。

眞子さまと元カノの二股疑惑

小室圭さんの二股疑惑は2018年3月の『フライデー』で報じられています。

なんでも、小室さんの元カノは横浜を本店とする有名飲食店のご令嬢だそうで、その女性と付き合っていた時期と眞子さまとの交際が始まった時期がかぶっているのでは?という疑惑です。

ただ、「かぶっているのでは?」と告発しているのが、小室母との金銭トラブルで話題になっている元婚約者なので、情報の信憑性はあまり確かではないようです。

たとえ二股だったとしても、それを承知で眞子さまが交際を続けられているなら、他人が口出しをするべきではないですね。

真相はお2人にしか分からないと思います。

小室家と新興宗教の関係

小室母が怪しい新興宗教に心酔しているのではないか?という疑惑は、早くから取り沙汰されてきました。

これについては『週刊新潮』が2018年3月に記事にしています。

金銭問題と併せて取り沙汰されてきたのが、佳代さんが霊媒師に心酔していた事実、そして祖母・角田八十子さん(故人)の“宗教問題”だ。若いころからリウマチに悩まされてきた八十子さんが救いを求めたのは、「大山ねず命神示(おおやまねずのみことしんじ)教会」なる団体だった。
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02211700/?all=1

この新興宗教については過激なお祓いの方法などが問題視されたこともあり、小室家との関係について心配の声も多く上がっています。

しかし日本では信教の自由が保証されている以上、他人がとやかく言える事でもありません。

また、小室母がこの新興宗教にどれだけ心酔しているのか、心酔しているという根拠となる事実はあるのかについて、はっきりとした証拠もありません。

ですから、小室家と新興宗教の関係性についてはご本人が何も言っていないのですから、推測で否定的なことを言うことは控えた方が良いのではないでしょうか。

小室さんの父親が自殺していること

小室圭さんは10歳の時に父親を亡くし、母親は女手一つで圭さんを育て上げました。

それだけの情報なら「苦労をして頑張ってきた親子」という印象で終わるのですが、問題は父親の死因。

『週刊新潮』によると、小室さんの父親は自宅近くの河川敷で焼身自殺をしたのだそうです。

日本では働き盛りの男性の自殺は珍しくありませんが、焼身自殺というのは、なんとも不穏な感じがします。

しかも発見したのは小室母と圭さんの二人、ということで、圭さんは幼心に大きなショックを受けた事でしょう。

その後、父方の祖父も自殺をしてしまったようで、家族間で何らかのトラブルを抱えていた可能性もあります。

この父親と祖父の自殺については色々な疑惑もあるようですが、どれも匿名の人物による噂話にすぎず、小室母子が関係しているかどうかは何も分からないのです。

少なくとも、当時小学生であった圭さん自身が何か起こせるわけもありませんし、心に大きな傷を受けているでしょうから、もう少し周囲の人は配慮してあげて、週刊誌にリークするような事は避けるべきではないかと感じます。

小室圭さんの悪い噂は小室さん本人とは関係がない

ここまで、小室圭さんの悪い噂について検証して紹介しましたが、どれをとっても、小室さん自身に問題があるとは言えないと思います。

複雑な家庭環境の影響で、少し人とは違う考え方をする人なのかも知れませんが、またそういうところが眞子さまにとっては魅力だったのかも知れません。

いずれにしても、眞子さまと小室圭さんの気持ちが揺るがないのなら、国民は静かに見守りってあげるべきではないでしょうか。