>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

クラウドワークスで記事単価を上げてもらう具体的な方法


ライターとして在宅ワークに励んでいるのに、記事の単価が低すぎて収入が全然増えない…と悩むことってありますよね。
1記事数百円が当たり前の在宅ライター業界ですが、クラウドワークスやランサーズなどのサービスだと、そこから手数料が引かれるため、手元に入る報酬が想像以上に安くなってしまう現状があるのです。
在宅で、内職の感覚で働いているのだから、報酬は少なくても仕方ない…という気持ちと、それにしても安すぎるのではないか…と腹が立つ気持ち。
私も在宅ワークを続ける中でよく感じました。
そこでこちらの記事では、クラウドワークスの記事単価を上げてもらう方法を具体的に紹介します。

在宅ワークの収入が全く伸びない原因

在宅ライターとして活躍している人のTwitterやブログを見ると、月に100万円以上稼いでいます!という、景気の良い言葉が並んでいます。
そういうのを読んでしまうと、「どうして私は全然稼げないのだろう…」と悩みますよね。
でもそれは仕方のない話。
というのは、ネット上で稼いでるアピールをしているライターは、企業を相手にしているライターです。
なので、報酬が最初から大きいのです。
一方で、主婦などの在宅ライターに回ってくるお仕事のほとんどは、個人がクライアントの案件です。
つまり予算が最初から違うので、記事単価が違うのは当然なのです。
それなら企業から仕事を貰えれば沢山稼げるわけですが、在宅ワークとして慎ましく働いている人には、なかなかそういった大きな仕事はまわってきません。
クラウドワークスの案件一覧を見ても分かる通り、素人の在宅ライターに執筆を依頼したいと思ってくれるのは、やはり経営に対して素人の個人の方々がほとんどなのです。

クラウドワークスの記事単価が安いのはなぜ?

クラウドワークスの記事単価を見ると、1記事2000文字程度で400円〜1000円くらいが相場になっているようです。
中には1記事で数千円から1万円くらい稼げる仕事もありますが、それは脱毛やクレジットの体験談など、アフィリエイト報酬に繋がるものばかりになります。
2000文字と言えば、慣れているライターならそんなに時間はかかりませんが、初心者の方だったり、あまり詳しくないテーマの記事だったりすると、執筆に数時間かかることも珍しくないでしょう。
それだけ頑張っても数百円しかもらえず、しかもそこから手数料までひかれるとなると、在宅ライターの仕事はブラック企業並みだと感じる人もいるかも知れません。
ではなぜ、クラウドワークスの記事単価は安いのでしょうか?
その答えは実は簡単で、「稼げない記事だから、報酬が安い」のです。

ほとんどの記事は「稼げない記事」だから単価が安くなる

クラウドワークスで在宅ライターに書いてもらう記事というのは、それ自体がお金を稼いでくれる記事ではありません。
例えば、化粧品のアフィリエイトをメインにしているサイトがあったとして、セールストークの記事ばかりだと、内容も似通って面白くないサイトになりますよね。
なので、アフィリエイトに力を入れている記事が数記事あれば、その何倍もの数の、関連記事を用意するわけです。
でも、その記事では何かを販売したりおすすめしているわけではありません。
ですから収益は全く出ないけれど、サイトを良くしていくには絶対に必要となるわけです。簡単に言えば「賑やかしになる記事」ですね。
クラウドワークスで募集している記事というのは、その賑やかしの記事にあたります。
それ自体は収入に繋がらないけれど、メインの記事を盛り上げたり、導線を作る為の記事です。
1円のお金も稼げないけど価値がある、そういった記事に対して払えるお金というのは、大手企業であれば数千円〜数万円、個人のクライアントであれば数百円〜数千円が限界といえるのです。

クラウドワークスで記事単価を上げてもらう方法

そうは言っても、記事の単価を上げて欲しい。安く買い叩かれるのは嫌だ。
と思いますよね。
そういう時は、自分から行動を起こして自分の記事の単価を吊り上げていくしかありません。
クラウドワークスで記事単価を上げて欲しい時にやるべきことを解説します。

ライティングスキルを磨く

良い文章が書けないのに「単価を上げて」と言っても、それは叶いません。
まずは自分に高単価の価値があると思わせるくらいの実力がなければ、どうしても報酬は増えないのです。
基本的に単価を上げるのはクライアントですから、「この人には継続して仕事をして欲しい」「専属で記事を書いて欲しい」と思わせるライターになれれば単価アップに繋がります。
ライティングスキルを上げる為には本を沢山読んで語彙力を鍛えたり、幅広い分野の情報に触れて、どんなテーマでもスラスラと文章が書けるくらいの力を磨いておくと良いですね。

仕事を選ぶ、闇雲に受注しない

次にやるべきことは、仕事をきちんと選ぶこと。
とにかく稼ぎたいと思って闇雲に仕事を受注せず、高単価が期待できそうなクライアントを見極めてから応募するようにしてください。
クライアント選びで参考になるのはライターからの評価の他、「募集実績」でスカウトで仕事をお願いしているかもチェックしましょう。
継続して仕事を募集していて、良いライターにはスカウトでもお願いしているクライアントだと、単価を上げてくれる可能性も高くなります。

まずは良い記事を納品してから単価交渉する

良さそうなクライアントがいれば、早速仕事を受注して良い記事を仕上げましょう。
最初の単価が安いからといって手を抜いた記事を納品せず、就職の面接と同じと考えて、渾身の記事を仕上げましょう。
そして、その記事が気に入ってもらえて継続でまた仕事をお願いされたら、「次からは◯◯円アップでお願いしたいです。」と打診してみてください。
ただ、まだ自分でもそこまでレベルアップできていないと感じる場合や、元々記事単価がそこまで安くない(1000円以上)時には、いきなりお金の話をすると敬遠されることも多いです。
状況を見ながら、適切な時期を見極めて単価の交渉を進めてみてくださいね。

記事単価は最高でいくらまで上げられる?

個人のクライアントから受注する記事は、良い単価をくれる場合で1文字1円くらいです。
ですから、2000文字書けば2000円ですが、私の経験上、記事の単価が高いほどに文字数も多い傾向があります。
5000文字で5000円とか、余分に文字数を書いてくれたら追加で支払います、というお仕事もありますね。
文字数の多い記事なら、たとえ個人のクライアントでも1万円前後の報酬をもらえることはありますが、一つのテーマで6000文字、7000文字と長い文章を書くのって結構大変です。
しかも、お仕事として受注しているため、適当なことは書けませんよね。
一つ一つ情報を確認して、間違いの無いように書かなくてはいけないため、記事単価が高くなるほどに責任を感じることも多くなるのではないでしょうか。

利用料金(手数料)が高くて報酬が減ってしまう

クラウドワークスの手数料、はっきり言って高いですよね。
しかも、稼ぐ金額が少ない方が手数料が高くつくというのも、なんとも納得いきません。

クラウドワークスの手数料

10万円以下 20%
10万〜20万円 10%
20万円以上 5%
タスク形式の仕事 20%

報酬が10万円以下の部分は20%も手数料をとられるということは、単純に考えて、10万稼いだら2万円を引かれることになります。
クラウドワークスはもともと記事単価が低いだけに、2万円分となると20件以上の仕事の報酬が無くなってしまうということですよね…。
そう考えると、なんだかバカらしくなってやる気がなくなる人がいてもおかしくないのかも知れないですね。