▷hinakoが成功したダイエット方法を公開!

1日1食ダイエットで痩せないのはなぜ?痩せない理由を詳しく解説

ダイエット中の食事

女性に人気の1日1食ダイエットは効果が早く出やすいダイエットとして有名ですが、実践した人の中には、全く痩せなくて悩んでいる人がたくさんいます。

1日に1食しか食べなかったらスルスル体重が落ちて痩せそうなイメージがあるのに、やってみても全く効果が無かったら悲しいですよね。

食事量を極端に減らしているのに、どうして痩せないのか?

こちらの記事では1日1食ダイエットで痩せない理由と解決策を詳しく紹介していきます。

1日1食ダイエットは痩せる効果が無いの?

1日1食ダイエットは、その名の通り1日の食事を1回だけに抑えるダイエット方法です。

普通は1日に3回食事をしますから、それに比べると食事の量がかなり減ることになります。

このダイエットのメリットは、食べる量を減らすことで摂取カロリーを抑えられることと、胃腸を空にする時間を長くとることで痩せやすい身体作りができることです。

モデルや俳優も実践していると言うことで、数年前から流行していますね。

1日1食ダイエットを成功させるコツとは?|高橋一生さんも15年間続けている1日1食生活

ただ、有名人がダイエット効果を実感している反面、「全然痩せない!」と、落ち込んでいる人もたくさんいるのです。

1日1食にしても痩せるどころか太っていく…!

「1日1食しか食べない」と聞くと、絶対痩せそうな気がします。しかし、実際にやってみると逆に体重が増えてしまったり、全く痩せなかった…と言う人も多かったのです。

無理して食事を減らしているのに、1日1食ダイエットではどうして痩せないのか?

むしろ太ってしまう人もいて、なぜそんなことが起きるのか…?

ここからは、その疑問を解決していきます。

1日1食ダイエットで痩せない理由と対策

代謝が悪くなって太る体質になっている

食事が少なければ痩せるはず…と思いがちですが、摂取する栄養が不足すると体内の代謝が悪くなってしまいます。

そうなると1食のカロリーを上手にエネルギーに変えることができなくなって、結果的に太りやすい体質になってしまうのです。

また、代謝が悪いと太りやすくなるのはもちろん、体調不良になりやすく病気にかかりやすくなるリスクもあります。

人間の身体にはさまざまな栄養素が必要なので、バランスの良い食事が不可欠です。

しかし、必要な栄養を1食のみで補うのは難しく、どうしても偏った食事になってしまうのです。

筋肉量が減って痩せにくくなる

食事の量を極端に減らすと、身体は守りに入って「なるべくエネルギーを消費しないように…」と、自然と運動量が減っていきます。

その状態で無理に運動や筋トレをしようとしても、ふらついたり気分が悪くなってしまい、思うように身体が動かせないこともあるでしょう。

そうなると、運動量が減るに伴って筋肉も減っていき、余計に代謝が悪くなって痩せにくくなります。

小腹が減って間食している

食事の量を減らすことで太りやすい体質になって、1日1食ダイエットの効果がでにくくなる他にも、痩せない原因は隠れています。

そのひとつが『間食』なのです。

実はここが落とし穴なのですが、1日1食を急に始めると強い空腹感が襲ってきます。そして、空腹に耐えられず何かしら間食してしまう人が多いです。

低カロリー低糖質と表示されていることに安心して、お菓子などをついつい食べてしまうことも…。また、甘いドリンク類も想像以上にカロリーが高いですから要注意。

本人的には食事のようにしっかり食べている感覚がないため見逃しがちですが、しっかりとカロリーはとっていることになります。

なので本来のダイエット方法である、「1日1食ダイエット」のやり方としてはNGなんですね。

1食分で食べ過ぎている

1日1食ダイエットは基本的に好きなものを食べても良いとされていますが、1回の食事でとるカロリーが高すぎるともちろん太ります。

1度しか無い食事ということで、お腹が空きすぎて「あれも食べたい、これも食べたい」と食欲が暴走しがちですが、好きなものを好きなだけ食べてしまえば、当然のことながら太ってしまうのです。

理想としては1回の食事で「1200カロリー」は超えないようにしなければいけません。

食事をする際に血糖値が上がることは皆さんご存知だと思いますが、その際に分泌されるインスリンという物質は血糖をグリコーゲンという物質に変え筋肉や肝臓に貯蓄する働きがあります。

ただしこの貯蓄量というのは決まっていて、それを越えた摂取があった場合全て体脂肪として蓄えてしまうのです。

なので1日に分けて食べるよりも、1食で高カロリーなものを食べたり摂取すると逆に身体に蓄えてしまうので太りやすくなります。

1日1食で痩せたいなら水分補給と運動を大切に

1日1食ダイエットを成功させるためには、代謝を落とさずにダイエットを続けることがとても大切です。

少ない食事量でも水分補給をこまめに行って、身体の筋肉量が減らないように軽い運動を続けていれば、ダイエット効果は高くなります。

食事を3回摂っていればそこからの水分も意外にたくさん摂取出来るのですが、その回数が少なければ水分不足になります。

白湯やノンカフェインの麦茶などを常に手元に置いておいて、少しずつ飲むようにしましょう。

運動はハードなものだとエネルギー不足でふらついてしまう可能性もありますから、ウォーキングや軽い筋トレ、ヨガなどに留めておきましょう。

ストレスの多い人は1日1食ダイエットは避けて

1日1食ダイエットで痩せない人の中には、食べられないストレスで数日に1度くらいどか食いしてしまう人もいます。

せっかく食事を減らして少し痩せても、そのどか食いのせいで、ダイエット効果は帳消しになってしまうのです。

でも、だからといって我慢ばかりしても、結局はうまくいかないことの方が多いです。

食べないことでストレスを感じやすい人や、人間関係などで元々ストレスの多い毎日を送っている人は、こうした『大きな我慢を強いられるダイエット』は向いていません。

他にも痩せる方法はたくさんありますから、1日1食にこだわらずに別のダイエット法に目を向けてみて下さい。

私も食べることが好きなので、食事の回数や量を減らすのは大の苦手ということで、ダイエットをしたい時にはメタバリアというサプリを飲んで体重をコントロールしています。

『メタバリアEX』の効果で本当に痩せる?飲み続けて分かったダイエット効果を詳しく解説

ダイエットはやり方によって向き不向きがありますから、自分には向いていないと感じる方法を無理に続ける必要はないですよね。