>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

少ない収入でもお金を貯める方法|5つの貯金のコツで楽しくお金を貯めよう

なかなかお金が貯まらない…貯金が増えない…と悩んでいる人の中には、「お金が貯まらないのは収入が少ないせいだ!」と思い込んでいる人も多いですよね。

でも、いくら収入が少なくてもきっちり貯めている人はいますし、コツコツ貯めたお金で車を買ったり住宅ローンの頭金にしている人もよく見かけます。

ですから、収入が少なくてもお金を貯めることは可能で、上手に貯めれば数百万円でも、まとまったお金を貯金することができるのです。

こちらの記事では、収入がたとえ少なくても上手に貯金をするために、『上手にお金を貯めるためのコツ』を5つにまとめました。

この5つを守れば手取り月収に関係なく必ずお金は貯まりますので、ぜひ実行してみて下さいね。

収入が少なくてもお金を貯める5つのコツ

1.達成しやすい目標を作ってモチベーションアップ

「まとまったお金が欲しい、とにかくお金持ちになりたい!」

そんな感じで、漠然と「お金を貯めたい」と思っていても、具体的な目標がなければ、なかなか貯金ってたまらないものです。

本当にお金を貯めたいなら「いつまでにいくら」という、具体的な数字の目標を立てましょう。

そして、手帳などにメモして定期的に目に入るようにしておけば、さらに効果がアップするのでおすすめです。

ただ、手取りの月収が少ないのに「3年で1億円」など、あまりにも金額が大きすぎると、いくら目標設定しても夢物語で終わってしまいます。

まずは新しいコートの為に10万円とか、引っ越し資金に60万円とか、『手が届きそうな目標』を立てることでモチベーションを高めるのがポイントです。

自分で決めた目標を達成すると、それが小さな金額だったとしても達成感がありますし、その成功体験が次に繋がりますよ。

2.先延ばしにせず今すぐ貯金を始める

お金を貯めるためは、収入を増やしたり節約したりすることも良いですが、一番大切なのは「絶対に貯めよう」という強い気持ちと実行力です。

お金を貯めて貯蓄しておいた方が良いとみんな知っているのに、それでもなかなか成功しないのは、「いつか貯めよう」と考えて先延ばしにしてしまうから。

来週から、来月から…と先延ばしにしてしまうと、「お金を貯めたい」という熱意も徐々に小さくなってしまい、結局「まぁ、いつか貯まればいいか!」と、自分を甘やかしてしまうのです。

若い時にはマイホーム資金や老後資金は随分先のことに感じますが、結婚して子供が生まれたり、仕事関係で忙しくしていると、あっという間に時間は過ぎていくものです。

実行を先延ばしにして年齢を重ねてしまうと、いくら「お金を貯めたい」と思っていても、さまざまなことにお金が必要になって、月々に貯蓄にまわせるお金が少なくなってしまいます。

そうなってから「これじゃあ貯められない!」と焦っても手遅れなので、お金を貯めたいと思ったら、その瞬間から貯め始めるくらいの気持ちを持ってみて下さいね。

3.お金を貯める仕組みづくりをする

毎月、お給料から貯金用の口座にうつしたり、余ったお金を積み立てにまわしたり、その時々で手間をかけているとお金は貯まりにくいです。

毎月確実にお金を貯めるためには、「放っておいてもお金が貯まる仕組み」を作っておかなければ意味がありません。

理想的なのは、口座から自動で積み立ててくれる「口座自動積み立て」の定期預金を利用して、自分で何もしなくてもお金が貯まっていくようにしておくこと。

私も一番最初は毎月2万円を自動積み立てすることから貯蓄を始めたのですが、満期になった時の達成感は、今でも覚えているくらい嬉しかったですよ。

就職して初めてのお給料から積み立てたのですが、満期になるまで頑張って働けたことや、今まで貯金できなかったのに定期預金を満期になるまで貯められたことが、自分の中で大きな自信になりました。

4.定期的に貯蓄方法をチェックしてみる

貯蓄の目標を決めて自動積み立てなどで一定期間お金を貯める習慣がついたら、次のステップとして、「今の貯蓄方法が自分に合っているか、収入と比較して貯蓄額に問題点は無いか」をチェックしてみて下さいね。

もしも「今の積立額だと生活が苦しくなった」と感じる時は、金額を減らして貯蓄計画を変更してみるのも良いでしょう。

逆に、「まだまだ余裕!」という時は、金額を上乗せすることで更に大きな目標を目指すこともできます。

同じ積み立てでも「積立型の投資」という方法もあるので、投資に興味が出てきた人はそういった商品を検討してみるのも楽しいですよ。

iDeCo(イデコ)やNISA(ニーサ)だと、貯蓄で投資をすることで税金が優遇されますから、お金を貯めることに慣れたら、ステップアップして投資に繋げていくのも良いと思います。

5.ライフステージに合わせてお金の貯め方を見直す

長い人生の中では、結婚や出産、転職、マイホーム購入、親の介護など、色々な転機がありますよね。

それぞれのタイミングで収入や支出が変化しますし、将来に備えるべき金額も変わってきますから、ライフステージが変われば貯蓄方法も見直すようにしてください。

結婚して子供ができたのに独身の頃のままの貯蓄方法では、もしもの時にお金が足りなくなる心配もあります。

また、急に貯金を増やそうとしても、家計の状況に合っていないと生活が苦しくなってしまいますから、余裕のあるうちに考えておいた方が安心ですね。

お金が貯まらないのは収入のせいじゃない

これまでにも「お金を貯めよう」と思って頑張ったことはあるのに失敗した経験があるという人は、自分なりに失敗の理由を考えてみましょう。

「収入が少ないから貯金が出来ない」と安易に考えずに、自分に合う貯金の方法は何なのか、どうすれば貯めやすいのか?と、あらためて考えてみることがおすすめです。

貯金を途中で挫折した場合は、お金を貯める為に無理な節約をしていたのかも知れませんし、病気や転職などで予定外の出費がかさんでしまった場合もありますよね。

貯金が出来ない事情はさまざまですが、自分なりに検証して対策を練ることで、次こそは計画的に貯金することができるようになります。

最初にも書きましたが、たとえ小さな目標でも、達成できると大きな心の財産になるのです。

自分で決めた目標金額を貯めることが出来ると、お金が貯まったという喜びと一緒に「自分って凄い!次はもう少したくさん貯められそう」と、自己肯定感から貯蓄へのモチベーションがアップしますよ。

お金を貯めるって本当は楽しいことなので、苦手意識を持たずに始めてみて下さいね。

お金持ちの条件|絶対にお金持ちになりたい時に実践したい8つの習慣