>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

美肌菌コスメはいらない!潤いを引き出す美肌菌を自分で増やす方法

美肌のキメテとなる『美肌菌」さえあれば、年をとっても潤いのあるピチピチの肌を持続させる事が出来ます。
でも美肌菌をどうやって肌の中に養えば良いのか分からないため、多くの女性は美肌菌コスメという、美肌菌を補ってくれる化粧品を購入してつけているようです。
美肌菌を簡単に補えるコスメは手っ取り早く美肌にしてくれるので効果的ですが、デメリットは、値段が高い事ですよね…。
小さなボトルで少量にも関わらず高額になりがちな美肌菌コスメ。
たとえ肌に合っても継続して買い続けるのが大変だったりもするので、私も「欲しいなぁ」と思いながら買う事ができませんでした。
美肌菌コスメは気になるけど、なるべくお金はかけたくない…。
そんな私が行き着いたのが「自分自身で美肌菌を育てる方法」だったのです。
この方法はNHKの『ためしてガッテン』で紹介されていたものですが、「なんだ、お金をかけなくても美肌菌って作れるんだ!」と、その時はビックリしたものです。
てっきり、美肌菌コスメを使わないと美肌菌は育てられないと思っていたので。
ということで、こちらの記事では、そもそも美肌菌って何?という解説から、『ためしてガッテン』で紹介されていた美肌菌を育てる方法も一緒にまとめました。
年齢肌の悩みやシミやくすみで悩んでいる人は、ぜひ参考にして下さいね。

美肌菌とは?どんな菌なの?

美肌菌ときくと、なんだかバイキンの一種が肌に良い働きをするように感じますよね。
でも、美肌菌の「菌」は私達が想像するような菌類とは少し違うのです。
美肌菌とは「表皮ブドウ球菌」のことをいいます。
表皮ブドウ球菌は肌の上に皮脂などと一緒に付着していて、肌の状態を整える働きをしているため、数が増えればそれだけ美肌効果が高いと考えられているのです。

美肌菌(表皮ブドウ球菌)の美肌効果

  • 天然の保湿成分(グリセリン)を分泌する
  • 肌に悪影響を及ぼす黄色ブドウ球菌を減らすペプチドを作る
  • 皮膚を弱酸性に保つ物質を作る

美肌菌があれば肌が潤ってキメが整う!

美肌菌の最大のメリットは、自分で保湿成分を作り出してくれることです。
美容液で保湿成分を補おうとすると、添加物も一緒に肌に浸透させなくてはいけませんよね。
それが、美肌菌が作る天然の保湿成分なら、肌に悪いものが全く無く、天然の働きだけで美肌を作り出す事が出来るのです。
特に乾燥などのダメージ肌や敏感肌への効果は高く、美肌菌を育てて活用する事で、皮膚科のお薬よりも肌を整える効果が期待できます。
敏感肌だとスキンケアや化粧品選びも慎重になりますが、美肌菌で肌が整えば、長年の肌の悩みからも解放されますよね。

アトピー肌にも美肌菌は効果が高い

美肌菌には肌バリア機能を強くする効果もあるため、アトピー性皮膚炎などのアトピー肌にもおすすめです。
美肌菌コスメで潤いを補うと添加物が心配ですが、自分自身の美肌菌を増やす分には肌への負担が無くて安心ですね。
アトピー肌や敏感肌で悩んでいる人は、ここから紹介する美肌菌の増やし方をぜひ実践してみてください。

美肌菌の増やし方|美肌菌コスメは使わない!

それでは、さっそく美肌菌の増やし方を紹介していきます。
『ためしてガッテン』で紹介されていた美肌菌の増やし方はシンプルで簡単なので、誰でも今すぐ始める事ができます。
美肌菌コスメを買う必要も無いのでコスパは最強ですね。

「育菌」ためしてガッテンの美肌菌の増やし方

ためしてガッテンでは美肌菌の増やし方を「育菌」と呼んでいましたが…、それはさておき、美肌菌を増やすステップはこちらです。

  1. 洗顔は良く泡立てた洗顔料で優しく洗う
  2. 絶対にゴシゴシ洗いをしない!
  3. 入浴はぬるめのお湯で15分くらいにする
  4. スキンケア化粧品は防腐剤やアルコールが無添加のものを選ぶ
  5. 寝る前に軽い運動でうっすら汗をかく

まず1番目と2番目の洗顔方法ですが、とりあえず「角質層を傷つけない」ということを最優先にして洗顔をすることがおすすめされています。
3番目のお風呂の入り方も角質層を壊さないためです。
美肌菌を増やすためには角質層の中にある美肌菌を取り過ぎないことが大切で、そのためには出来るだけ角質層を守らなくてはいけないのです。

汗が美肌菌のエサになる!

美肌菌は夜の寝ている間に増えるのですが、そこでエサとなるのが汗です。
そのため、寝る前に軽い運動をしてうっすらと汗をかいておけば、それをエサにして美肌菌がたくさん増えてくれるのです。
とはいえ就寝前にあまり運動しすぎると寝付きが悪くなりますから、軽い筋トレやストレッチくらいがちょうど良いと思います。

美肌菌のためには肌断食も大切

美肌菌の増やし方の基本は上記でまとめた無いようになりますが、もっと効果的に増やしたい時は「肌断食」という、メイクやスキンケアを控える日を作る事がおすすめされています。
肌に何もつけないと乾燥がすすんでしまいそうで怖いですが、肌は甘やかさない方が「自分でなんとかしよう」という修復力が強くなるのです。
私も以前から夜だけ肌断食を続けていますが、特に肌の状態が悪くなったりシワが増えたりということはありませんので、一度肌をリセットしてみたいという人は肌断食をしてみてはいかがでしょうか。
肌断食の事はこちらの記事にまとめていますから、良かったらチェックして下さいね。
https://senior-chiebukuro.com/entry/biyoudanjiki