>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

定年後はいつまで働けばいい?65歳から仕事を楽しむ方法とは

交際中のシニア男女

これまで仕事をバリバリやってきた人が定年を迎えて突然仕事が無くなると、社会から取り残されてしまったような気持ちになることも少なくありません。

また、専業主婦で夫に先立たれた女性にとっては、これまでは家事や食事作りに追われていたのに急に1人になった事で、気持ちにハリがなくなってしまうことも。

そんな時、仕事という選択肢があれば、社会との関わりや人との交流が生まれるきっかけ作りになってくれます。

高齢になってから1人で暮らすのは誰でも寂しいものですから、余っている時間を利用して、社会に貢献できる仕事を短時間でもはじめてみると新たな生きがいに繋がるのです。

65歳から働ける仕事はある?

高齢になってから新たに仕事をはじめたいと思う時には、その目的は人によって違います。

例えば「もう少し収入が欲しい」という人もいますし、「人と接する時間を作りたい」「自分の存在意義を見出したい」という人も多いでしょう。

まず仕事を選ぶ基準ですが、その目的が「収入」では無い場合、無理をして就職活動をしなくてもボランティアという選択肢を考慮してみるのも良いかも知れません。

まずは、自分の中で「何をしたいのか」という目的を考えてみて、気持ちを整理してから仕事探しをしてみてください。

シニアが選べる仕事の種類

  • 新しい仕事先を見つけて働く
  • 新しい事業を始める
  • ボランティア活動に参加する

どの働き方を選んでも、これまでの仕事とはまた違う向き合い方ができ、新しい出会いも期待できますね。

65歳から新しい仕事を始めて収入を得る方法

高齢者でも仕事をして収入を得たいと考えている人は多いですが、年をとればとるほど仕事探しが難しくなるのは事実です。

その理由には、雇う企業側に「高齢だと病気で休むことも多いのではないか」「物覚えが悪くて失敗するのではないか」という先入観があるから。

しかし、高齢者でも再就職してバリバリ働いている人はたくさんいますし、若い人に負けないくらい活躍している人もいくらでもいるのです。

ですから健康に問題が無く「働きたい」というやる気があるなら、何も臆する事無く仕事探しをしてみてください。

ハローワークに登録したり友人知人に声を掛けてみよう

職を探す時には、まずは求人広告に目を通したり、ハローワークで求人情報をチェックしてみましょう。

また、これまでに繋がってきた人達から良い仕事を紹介してもらえることも多いので、友人知人と顔を合わせた時に「良い仕事は無いかな」と情報収集をすることもオススメです。

シニア向けの求人を紹介している自治体もありますから、広報誌をチェックして積極的にアプローチしましょう。

全国にあるシルバー人材センターでも高齢者向けの軽作業などを紹介してもらえますのでチェックしてみて下さいね。

http://www.zsjc.or.jp/

シニアでも新しい事業は始められる?

高齢者の新しい働き方として、自分自身で新しい事業を始める人も多いです。

これまで培ったノウハウを活かして、新規に事業をはじめることで新たな世界に挑戦できる事は良い事ですね。

ただ、個人であっても知人との共同であっても、事業経営するためにはそれなりに資金力が必要ですし、多くのリスクも伴います。

大きく展開していくことを考えていないなら、ネットビジネスなど、少ない資金で手軽に始められるものを選ぶ方が安全だといえます。

65歳から新しい事業を始める手順

どんな分野でも、新しい事業をはじめる前には、その世界の事をきちんと知っておかなくてはいけません。

よく知りもしないのに「なんとなく稼げそう」という理由で安易に事業を立ち上げてしまうと、失敗して資金を失ったり借金をしてしまうリスクもあります。

1人だけではやれることも限られますから、家族や友人と共同で経営をすることが成功につながる場合もあります。

サイドビジネスでお小遣い稼ぎをしても良い

どこかで雇われて働くのは避けたいけれど、事業を立ち上げてリスクを負うのも不安が大きいという場合は、サイドビジネスで気軽にお小遣い稼ぎをしてみるのも良いでしょう。

パソコン1台とインターネット回線があれば、簡単にはじめられるサイドビジネスはたくさんあります。

例えば、趣味で作った工芸品やアクセサリーをネット販売したり、文章を書くのが好きなら1文字いくらの報酬でWEBライターとして働くことも出来ます。

また、最近では畑仕事や料理の様子を動画に撮って「YouTube」に投稿する事で収益を得ている高齢者も増えています。

ネットビジネスであれば、発想次第で無理なくお金を稼ぐ事も可能になりますから、まずは関連する書籍などを読んでみながらアイデアを練ってみてはいかがでしょうか。