>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

「膝の痛みにグルコサミンが効く」は嘘?飲んだけど全く効果なしだった

膝の痛みのグルコサミンが効かない

年齢を重ねると避けられないのが膝や腰の痛みではないでしょうか。

私は40歳を過ぎた頃から慢性的な膝痛と腰痛に悩んでいるのですが、ある日突然ズキっと痛みが出て、ひどい時には歩くのもままならないほどです…。

痛みのある部位に湿布を貼って安静にすれば数日で治るのですが、しばらくたつと、また痛みが出てくるの繰り返し。

これはどうにかしなければ…という切迫感から、CMで有名なグルコサミンのサプリを注文しました。

グルコサミンを服用すれば軟骨成分が作られやすくなって、関節の痛みが軽減されるのだとか。

CMでも高齢の男女が楽しそうに膝を曲げ伸ばししていますし、大々的に「膝がラクになる」と宣伝しています。

そんなCMや公式サイトを見て、「膝がこんなにラクになるのか…」という憧れのもと、さっそく注文して飲みはじめたのです。

しかし…

グルコサミンを飲んでも膝の痛みが無くならない

グルコサミンを飲んで1週間経ち、2週間経っても、膝の痛みが軽くなった気がしません。

いつも通り、時々ずきっと痛みが走ったり、床のカーペットの上に座ったり立ったりすると、強い痛みが出てきます。

以前からずっと膝をかばって生活してきたので、グルコサミンを飲めば膝を気にせず動き回れるのかと思っていましたが…。

そんなに簡単にはいかないのですね。

グルコサミンを飲みはじめて1カ月近くたった時には、ついに腰に強い痛みが出て、接骨院に行きました。

いつもの腰痛で、心配な症状は無かったのですが、軟骨成分といわれているグルコサミンを飲んでいても、やっぱり腰も膝も痛くなるんだな…というのがちょっと悲しかったです。

サプリで簡単に痛みが取り除けるなら病院なんていらないですもんね。

あんなにテレビで大々的にやっているのだから効果があるはず!と思い込んでいた私がバカでした。

グルコサミンで胸焼けや腹痛など副作用が出た

グルコサミンは膝に効くということばかり注目して、副作用のことは何も考えず飲みはじめてしまいました。

そのせいで、飲みはじめから胸焼けがずっと続いていて、だんだんと腹痛もきつくなっていきました。

サプリは一定期間飲み続けないと効果は出ないと言うので、1カ月は副作用をガマンしましたが、結果、膝になにも効果が無かったので腹痛と胸焼けをガマンし続けて損をしてしまいましたね…。

グルコサミンの副作用を感じている人は結構多いようで、耐えられなくて服用をやめたと言う人が私の会社にもいました。

その人も、膝の痛みには効果を感じなくて、ただ副作用だけがつらかったのだそうです。

グルコサミンには効果が無いのにCMをしているのはなぜ?

せっかく注文して飲みはじめてグルコサミン、なぜ効かないんだろう…と思って色々調べてみると、もうすでにグルコサミンが膝に効かないことは明らかになっているようです。

これまでグルコサミンの効果について行なわれた研究では、24週間グルコサミンの服用を続けた人の膝関節をMRIで検査したところ、何も改善されていなかったという結果が出ています。

その他にも、イギリスやアメリカでは数々の研究でグルコサミンが膝に効果が無いということが判明しているのです。

グルコサミン自体は良い成分なのですが、口から飲んでも膝まで浸透しないから効果が無い…というのが真実のようです。

それなら、どうしてあんなに自信満々に宣伝しているのか、不思議な気もしますね。

「グルコサミンアクティブ」を販売しているサントリーのサイトでは、グルコサミンは軟骨成分で快適な歩行をサポートするって書かれていました。

グルコサミンでは膝の痛みは無くならないし副作用もある

ということで、私がグルコサミンを飲んだ感想としては、痛みを軽くする効果は無いです。

それに、腹痛や胸焼けなどの副作用もあったので、「飲まなければ良かった…」という後悔の方が大きいですね。

本当に膝の痛みを治したいなら、やっぱり接骨院や整形外科で診てもらうのが一番かもしれません。