>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

ブログのアクセスが減っても収益を維持し続ける工夫について【書きたいことを書くだけ】

私はあまり自分のブログのアクセス数とか収益とか気にせず、書きたい時に書きたいことをかくスタイルなのです。

ですから正直言って、自分のブログがどれくらい読まれてどれくらい稼いでいるのか、ほとんど意識していない。というか、意識しても仕方ないと思っています。

意識してしゃかりきに頑張ったってダメなものはダメなのだから。

アクセスが激減したこと

近頃、ていうか少し前だけど、グーグルのアップデートに伴ってアクセスが激減したブログ・サイトが多かったみたいです。

私のこのブログも例に漏れずめちゃくちゃアクセスが減りました。

全記事の検索順位の平均が以前は12位くらいだったのですが、30位以下まで一気に落ちてしまった。

アクセス数は通常の半分以下になりました。ひどい時には4分の1まで落ち込んだ時期もあります。

激減したアクセスを見てさすがに「あらら」と思ったけれど、だからどうなんだ、だからどうなんだ?

ブログやめるのか、やめない。

文章書きたくなくなったのか、なってない。

で、結局、心境としては何も変化なく、気が向いた時にブログを更新し続けていました。

ブログのアクセスが激減することは確かにショックなのですが、もともと9割くらいが検索から来ていたので順位が下がればアクセスが減るのは普通です。

そして、放っておけばまた徐々に戻ってくるので、あまり右往左往せずに、中には戻って来ない記事もあるけれど焦らず放置すれば良いかなと思います。

4番でエースは健在だった

アクセス数が減った時、私がそれほど焦らなかったのは、収益がほとんど変わらなかったからです。

アクセス少ないのに収益が減らないのって「なんで?」って感じだったのですが、よく考えてみれば「そうか」って納得する気持ちもありました。

簡単に説明すると、県大会前に故障者が続出した高校野球チーム。

高校野球チームで9人のうち3人が戦力外になったら、チームは大変なことになりますよね。

4番でエースの選手や3番、5番などがいなくなるとオワタ\(^o^)/ってなります。

でも、主力の選手は健在で、7番とか8番とかがいなくなっただけなら、なんとか他の選手と交代させてチームを回すことが可能です。

うちのブログでもそんな感じで、頼りになる4番でエースや、長打が得意な5番が不動の位置をキープしていたから、収益的にはほぼ無風でした。

また、最近書いた記事が7番8番を補強できるくらいの力をつけてきていたので、その辺でもうまくいったのかなと感じました。

毎日じゃなくてもいいから、定期的に新しい記事をしっかり書いておくことはやっぱり大切です。

プロ野球チームでも、調子の良いチームほどドラフトで良い選手をスカウトしようとしますよね。

今が大丈夫だからずっと大丈夫ってことはあり得ないし、今がダメだからずっとダメってこともない。続けていけば波は絶対にあるもので避けられません。

読んでくれる「誰か」に向けて

記事を書く時はいつも「読んでくれる誰か」に向けて書いています。

村上春樹を解説する時には村上春樹ファンに向けて書くし、美肌について書く時は肌をキレイにしたいと思っている人に向けて書きます。

それが正しいのだか間違っているのだか、私は知らないし、知りたいとも思いません。

自分が全力を注いで記事を書いて、それをネットの海に流したなら、あとは野となれ山となれ。どうでもいいんです。

そんな風に書き続けている文章が「お金」と言う名前の希望となってこの手に返ってくることが、また次のモチベーションになるのだと思っています。

ブログで稼げるかどうかは、文章を書くのが好きかどうかです。

好きじゃないと続けられない。

1年必死で頑張って月に100万稼いで、それで力つきてブログ放置してどんどんアクセスが減ってやめてしまう人、多いです。

でもそれだったら、結局はブログで稼げた金額って知れてますよね。

月10万でも、それを10年続けられたら短期間で燃え尽きる人より確実に稼げるんです。今は300記事のブログでも、10年後には1000記事に増えているかもしれない。もしかしたらブログが2つ3つになっているかも。

そうしたら収益も少なからず増えているはず。

ブログで稼ぎたいならブログを仕事にしなくちゃダメだと思います。

仕事、2~3年でやめるつもりで就職する人いないですよね。定年まで勤めるつもりで入社する人がほとんどでしょう。

ブログも同じように、60〜70まで続けられるかどうか、ずっと収益を出し続けられるかどうか、その視点が必要ではないでしょうか。