>>太りやすく痩せにくい大人の為のダイエット方法

老後の為に2000万円の貯金が必要|できない人はどうすれば良いの?

先日、金融庁が出した報告書で「老後の為には2000万円の貯金が必要」との提言をだしました。

つまり公的年金では老後の生活は賄えないので、足りない分を自分で用意しときなさいよ…という内容です。

しかも、2000万円を貯めておく為に金融庁が勧めているのは長期の投資です。

「毎月の収入から一定額を投資に回してお金を増やしなさい」と提案していますが、そもそも貯金ができずに生活に余裕がない人にリスクのある投資を勧めるのは理解できないですよね。

もしも投資で損をして老後のお金がさらに減ってしまっても、国はなにも責任を取ってくれません。

今の時代で「公的年金だけで老後は安泰だ」と思っている人はほとんどいませんよね。

できれば貯金をして老後に備えたいと誰もが思っているのです。でも、日々の生活が苦しくて思ったように貯金が出来ない。

その理由には高すぎる税金や社会保険料、年金保険料、介護保険料があるのではないでしょうか。

今回の金融庁の提案については、「年金が破綻しているのなら、もう払いたくない、返して欲しい」という意見も多く出ています。

老後は年金では生活出来ないけれど、年金保険料は強制的に払ってもらいます。というのが、やはり国民からすると「大丈夫かな」と思ってしまいますよね。

頑張って年金を納めても、平均寿命の前に亡くなる可能性もあるわけです。

そこで気になるのは、自分がもし亡くなったら、これまで払い続けた年金保険料はどうなるのか?という疑問なのです。

死んだら年金はどうなるの?

年金をまだもらっていないのに死んでしまったり、もらっている途中で死んでしまった時、自分が払い続けた年金保険料はどうなるのでしょうか?

未支給年金は、自分が亡くなったあとは遺族が受け取ることになっています。

下記の順番で受給の権利があります。

  1. 配偶者または子供
  2. 父母
  3. 祖父母

ただ、フリーランスや自営業で厚生年金に入っていない場合だと、基礎年金だけになるので条件が厳しくなり、生計をともにしていた18歳未満の子供がいる配偶者か子供しか受け取れません。

私の場合、1人暮らしでフリーランス、バツイチ独身で子供は成人しているので、亡くなった場合は納めた年金が全て国に取り上げられてしまうことになります。

年金保険料を払わずに済む方法はある?

生活出来る金額ももらえず、亡くなった時には全て取り上げられるなら、年金なんて払いたくないですよね。

毎月の年金、拒否することはできないのでしょうか。

まず、国民年金保険料をどれだけの人が納めているのか、納めずに放置している人はいるのか調べてみました。

国民年金保険料の納付率は7割越え

今年3月末時点での国民年金保険料の納付率は71.4%で、これまでに比べても高い水準です。

以前は60%台が続いていましたが、年金保険料を納付しないと財産を差し押さえられるようになったので、イヤでも払わなくてはいけなくなり、納付率が増えたのです。

年金保険料を払わないと財産を差し押さえされる

厚生労働省と日本年金機構は段階的に年金保険料の滞納者への強制徴収の範囲を広げていて、現在は7カ月滞納したら財産の差し押さえをされます。

実際に差し押さえをされた人は続出しており、中には弁護士に助けを求める人も…。

みんなが払わなくてはいけない年金保険料から逃れようとするのは悪いことですが、強制的に加入させずに選べたら良いのにという気もしますね。

老後の為に2000万円貯められない時はどうする?

老後の為に2000万円、簡単に貯められる金額ではありません。

仮に40歳から貯金を始めて、65歳までに2000万円貯めようとすると、毎月6万円以上を貯金に回す必要があります。

子育てで教育費や住宅ローンなどに追われる中、6万円ずつ貯めるのは大変ですよね。

政府は副業も勧めていますが、疲れて仕事から帰ったあとに、また別の仕事をするというのは、口で言うほど簡単なことではありません。

体力的にも精神的にもクタクタになってしまいます。

その上、70歳までは働け、年金の受給開始年齢も引き上げるというのですから、心の休まる暇がないですね。

投資をすれば2000万円貯められる?

金融庁は「投資でお金を増やせ」といいますが、株取引も良い時もあれば悪い時もありますから、トータルで「増えた」と実感出来るほどお金を増やすことができるのか、現実味があまりないような気がします。

先ほども紹介したように堅実に6万円以上を毎月積み立てて、それでやっと2000万円なのです。

その6万円からもしもいくらか投資に回したとして、増えるとは限りません。

現在の荒れた相場を見ていると、大切な資金が減ってしまう可能性の方が大きいように感じます。

基本的に投資は余剰資金で行なうものですが、余剰資金と呼べるお金がない人が多い中、虎の子のお金を投資にまわしてしまうのは慎重になった方が良いかも知れませんね。

投資よりも借金を減らすことを優先して

老後の為に少しでも貯めておかないと、お金を増やさないと…と焦ってしまいますが、そこで慣れない投資を始めてみたり、無理して副業をして身体を壊すよりは、目の前の課題に取り組むことが先決です。

特に住宅ローンやカーローン、生活費の為のキャッシングやリボ払いなどがある人は、借金を減らすことを最優先にして下さい。

返済するべきお金があるのに投資を始めたり、投資の為にさらに借金をするようなことは絶対にやめましょう。

借金には利息がつくことを考慮して、毎月の金額にすればわずかなお金でも、ムダにしたくないという気持ちをもつことが大切です。

この、ムダに引かれている利息分を貯金にまわそう」と決めて、まずは借金返済に全力投球してみてください。

それが終われば、その金額を全て貯金にまわすことができます。

「貧すれば鈍する」という言葉もありますが、お金が無いのに焦って「お金を増やそう!」なんて思い込んでしまうと、逆に悪い結果を招きかねません。

お金はそう簡単に増える物ではありませんよね。

それなら、お金を増やすよりも減らさないことを大切にして、少しでもムダがあるならそこを削って貯金してみることがおすすめです。

老後に貯金がなくても生きていける?

私のまわりにもすでに年金を受給している高齢者がたくさんいますが、その中にも「貯金はほとんどない」という人も少なくはありません。

もちろん年金だけでは厳しいですが、それでも日々節約を心掛けて、慎ましいながらも幸せに暮らしています。

お金のかかるようなことは避けても、数百円で参加出来る市民センターの高齢者講座に通ったり、庭の花のお手入れをして近所の人に見せたり、地域のボランティアに参加して人の役に立つことを続けたり…自分なりにできることをやって毎日を充実させています。

お金がたくさんあれば良いことに違いはありませんが、無ければないで、身の丈に合った暮らしを楽しむこともできます。

もしもの時の為に老後のお金を貯めておくことは必要ですが、無理な金額を目指してストレスをためないように気を付けたいですね。

1人暮らしの食費の平均額まとめ|おひとりさまでも食費を節約できる5つの方法